インターネット診療予約

シャドウ

シャドウ

シャドウ

シャドウ

歯科タウン

インプラント治療

インプラント治療とは、歯を失ってしまった部分の顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込み、その上にセラミック製の人工歯を装着することで、機能を回復させる治療です。

チタンはとても身体にやさしい素材であり、顎の骨にしっかりと結合するため、天然歯と変わりない咬み心地が手に入ります。また人工歯にはセラミックを使用するため、見た目も違和感なく、自然に美しく仕上がります。機能性・審美性ともに優れたインプラントは、近年大変注目されている補綴治療なのです。

インプラントのメリット・デメリット

どんな治療でもそうですが、インプラントにもメリットとデメリットがあります。治療を決める前には、その両方をよく理解することが重要です。

メリット
  • 天然歯とほとんど変わらない
    咬み心地が手に入る
  • 見た目が自然で美しい
  • 周囲の健康な歯に負担をかけない
  • 咬む力が顎の骨にしっかりと伝わるため、
    顎の骨がやせにくい
デメリット
  • 外科手術が必要
  • 自費診療のため費用が高い
  • 治療期間が長い

すずき歯科クリニックのインプラント治療

当院では、患者様によりクオリティーの高いインプラント治療を ご提供できるよう、学会・研修などに積極的に参加して常に最新の治療習得に努めています。さらに、精密なインプラント治療を確実におこなうために、次のような機器を導入し、治療環境を整えることにも余念がありません。 インプラント治療は、実績豊富な当院にお任せください。

歯科用CT

インプラント治療は、精密さが求められる治療であり、手術前には歯科用CTによる検査が欠かせません。当院は歯科用CTを導入しているため、スムーズに顎の骨のデータを得ることができます。正確なデータに基づいた安全・確実な治療をお約束します。

サージカルガイド

インプラント治療では、人工歯根を埋め込むためにドリルで顎の骨に穴を空けます。サージカルガイドは、ドリルの角度や方向を正確に導くために用いる器具です。サージカルガイドによって、ドリリングの不具合が最小限に抑えられ、精度の高いインプラント治療が可能になります。

3i(スリーアイ)のガイドサージェリーを導入

ガイドサージェリーとは

ガイドサージェリーとは

患者様により安全で確実なインプラント治療をご提供するため、当院ではガイドサージェリーを導入。ガイドサージェリーとは、高い精度が求められるインプラント治療において、シミュレーション通りの手術を成功させるために開発されたガイドシステムです。精密検査の結果から患者様のお口の構造を分析し、正確な位置にインプラントを埋め込むためのガイド用のテンプレートを製作。それを使って手術を進めることで、安定的に治療の質を保証することができます。

ガイドサージェリーのメリット

メリット
  • インプラントを誤差なく、正確な位置に埋め込むことができる
  • 歯肉を切開せずに埋入位置に穴が開けられるため、痛みや腫れが少ない
  • 手術を効率化できるため、時間が短く患者様のご負担も軽減できる
  • インプラントの本数が多い場合でも、効率よく短時間で手術ができる

すずき歯科クリニックが採用するインプラント

当院では、世界的にも大きなシェアを持つ、信頼のおけるブランドのインプラントを採用しています。

ITI(ストローマン)

口腔インプラント学のための国際チームである、ITI(International Team for Oral Implantology)の医学理論に基づいて開発されたインプラントシステム。1974年の開発以来、世界40ヶ国以上で使用されている信頼のあるインプラントです。

3i(スリーアイ)

従来難しかった顎の骨が軟らかいケースでも、インプラント治療を可能にした3i。世界中で支持されている安心のブランドです。生体親和性が高いことで術後の治癒期間も短縮されるため、患者様にかかる負担も軽減されます。

CAMLOG(カムログ)

チューブとチューブでインプラントとアバットメントを結合させるという、独自の「チューブ・イン・チューブ方式」を採用したCAMLOGインプラント。従来のインプラントにおけるスクリューの緩みや破折などといったトラブルを解消しました。

特殊なインプラント治療

オーバーデンチャー

2本のインプラントを埋め込み、これによって入れ歯を安定させる方法。インプラントにボールアタッチメントを取りつけ、入れ歯のズレを防ぎます。入れ歯を取り外しできるため、お手入れがしやすいのもメリットです。

ミニインプラントを応用したオーバーデンチャー

一般的なインプラントより短いミニインプラントを4本(片顎)埋め込み、これによって入れ歯を安定させる治療。ミニインプラントは歯ぐきを切開せずに埋め込むことができるため、治療時の痛みや出血がほとんどありません。

再生療法

インプラント治療をおこなうためには、人工歯根を確実に埋め込むことができる十分な顎の骨量が必要です。当院では、患者様の顎の骨が不足している場合には、次のような再生療法をおこないインプラント治療を可能にしています。

サイナスリフト

まず、「上顎洞」という鼻の奥につながっている空洞の横にある歯ぐきをめくります。そして上顎洞底を持ち上げてできた空間に、骨補てん剤を注入して歯ぐきを縫合。骨が造成されるまで半年ほど待ったうえでインプラント手術をおこないます。

ソケットリフト

インプラントを埋め込む部分から、専用の器具によって上顎洞底部を押し上げ、できた空間に骨補てん剤を注入。骨が再生するまで待ちます。サイナスリフトのように歯ぐきを切開する必要がないため、術後の腫れや痛みを抑えることができます。

GBR

顎の骨が足りない部分に「メンブレン」という人工膜を入れ、骨を再生させるためのスペースを確保。骨の再生を待ってインプラント手術をおこないます。

症例紹介

症例1

症例1